自動運転車両の開発がすすんでいます

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

自動運転の技術がすすみ、中国では移動販売車の運転も自動化されています。

そんななか、インテルの子会社「モービルアイ」が、北米向けに12~14人乗りの自動車両を開発すると発表しました。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

自動運転車両の開発がすすんでいます

2024年には米国の都市部へ供給予定

モービルアイは、ドイツの自動車部品メーカー “ベントラー” などと協力し、特定の条件下での運転を完全に自動化する「レベル4」を目指しています。

2024年には、米国の都市部へ車両を供給する予定です。↓

あとがき

2025年には大阪・関西万博で、空飛ぶクルマが実用化される予定です。

本当にもうすぐSFの世界が現実にやってくるんですね…

自動運転車両を利用する側としては、ワクワク感と不安が同時にこみ上げてきています笑。

環境面では、排ガス問題に対してかなりの効果が期待できそうです。

ただ、ネガティブなことは考えたくはありませんが、ドライバーが職を失う可能性は高まります。

ドライバーだけでなく、自動化がすすめば “様々な分野でなくなる職業が増えていく” ことでしょう。

そういった面を考えても、「財政面にとらわれすぎず、今すぐにベーシックインカムをはじめたほうが、結果的には日本国民のためになるのではないか?」というのが筆者の考えです。

なぜ “今すぐ” なのかというと、新型コロナが人々の家計を苦しめている側面もあるからです。

わたしは「いまのタイミングで試さずに、いつベーシックインカムを試すのか?」と、ず~っと疑問に感じています。

せめて、もっと積極的にベーシックインカムについての議論をすべきではないでしょうか。

…ガッツリと話がそれてしまいました(反省)

ともあれ、自動運転の進化には驚かされるばかりです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。