梅干しのすっぱさで「ご飯がすすみすぎる」ときの対処法

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

梅干しは、適度な量を食べると健康にいい食品ですよね。↓

▶梅干しの効能効果3つ!【殺菌・便秘解消・脂肪燃焼】

しかしながら、「梅干しの酸味でご飯がすすみすぎちゃう」のが、私の悩みでした…

なぜなら、ご飯はカロリーが高いからです。

梅干し一粒で、茶わん2~3杯のご飯を食べてしまっては、健康にいいはずの梅干しなのに、本末転倒になってしまいます。

そんななか、妻が最適解を導いてくれました。

※この記事は、およそ1分で読めます

梅干しのすっぱさで「ご飯がすすみすぎる」ときの対処法

『出汁』または『お湯』でお茶漬けみたいにする

『出汁』または『お湯』で、お茶漬けのようにしたご飯に梅干しを投入する(種をとった梅干しをぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのがやつお流)と、ふつうに梅干しをおかずにご飯を食べるときと比べて、圧倒的に食すご飯の量が少なくなりました。

茶わん1杯ぶん(しかも少量のお米)で、じゅうぶんです。

なんとなく味がもの足りなく感じる場合は、好みの調味料でアレンジしちゃいましょう。

ちなみに、わたしは『ごま油』を数滴垂らしていただくのが好みです。

※もちろん、『お茶漬け』そのものでも大丈夫ですw

スポンサーリンク

あとがき

妻いわく、「お湯でお米がふやけて、ご飯の量が多く感じるから、食べ過ぎなくなるんじゃない?」とのこと。

「単純にお湯で塩分が薄まっているのでは?」とも思いましたが、そんなことはどうでもいいんです。

とかく、これからは梅干しがおかずのとき、ご飯を食べ過ぎなくて済むことがうれしすぎる筆者なのでした…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。