超簡単な大葉料理!?『大葉の塩漬け』のつくり方【手順も】

どうも!やつおです!

そろそろ暑い季節がやってきますね~。

こんな感じだと、夏に合う食事をしたくなってきますよね。

そんなときにおすすめなのが、大葉の塩漬けです。

わたしの数少ない料理のレパートリーに、加入してくれた『大葉の塩漬け』。

この料理、妻から教わったのですが、料理と呼べないくらい「めちゃくちゃカンタン」なので、ぜひやってみてください!

超簡単な大葉料理!?『大葉の塩漬け』のつくり方【手順も】

カンタンなのに、大葉のよさが活きておいしい!

大葉の塩漬けは、塩のふり加減でだいぶ「しょっぱさ」が変わります。

わたしは、けっこう塩をふってしまいます。

健康には良くないかもしれませんが、1枚でも、ごはんがすすみますww

もちろん、塩加減は健康に害がない程度に、お好きなようにしてください^^

塩をふるだけなのに、大葉の風味がバツグンに発揮されると思う一品です!

スポンサーリンク

『大葉の塩漬け』のつくり方

さっそく、作り方にいってみましょう!

『大葉の塩漬け』のつくり方【手順】

以下の1~5をするだけです。

お手軽なので、ぜひお試しあれ^^

▼小皿に塩を入れておくと、作業が捗ります

  1. 保存用のフタつき容器を用意する(今回はジップロックを使いました)
  2. 大葉を1枚、容器にひらいて入れる
  3. 大葉の上から塩をふたつまみ程度、まんべんなくかける
  4. 漬ける大葉の枚数分②~③を繰り返す(大葉を重ねていく)
  5. 容器のフタを閉め、冷蔵庫で一晩程度寝かす

以上です。

▼ちなみに我が家の塩は、カルディで販売されているヒマラヤソルトを使っています

おすすめの食べ方

「大葉の塩漬け」には、私おすすめの食べ方があります。

イワシの赤ちゃんである「しらす」または、イカナゴの赤ちゃんである「小女子(こおなご)」をごはんの上にサラサラッとかけます。

そこにしょうゆをタラッとかけた上に「大葉の塩漬け」を数枚乗せて食べる!

ちなみに、おすすめの醤油はこちらです。

高血圧予防に!この減塩醤油なら『おいしい』から続きます。

コレが最高にウマいんです!

そこに、半熟の目玉焼きがあれば、至極の朝食になります^^

なんなら黄身もごはんに乗せちゃいます。

さっぱりしていて、おいしいですよ~

スポンサーリンク

あとがき

暑い時期は、脱水症状を予防するために塩分を摂取することも重要です。

おそらく、わたしのカラダが塩分を欲しているので「大葉の塩漬け」が、夏にピッタリだと感じるんだと思います。

そんなこんなで、いつものごはんに1枚加えるだけでも、食事をさっぱりとした印象にさせることができる「大葉の塩漬け」は、夏の食卓におすすめです。

ちなみに、大葉を長持ちさせる保存のコツが、KAGOMEさんのホームページに書かれていました。

塩漬けとしては、意外とあまり日持ちしないと思われるので、なるべくはやめに食べましょう。

以上、大葉好き必見!大葉のおいしい食べ方 [大葉の塩漬け]でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。