うがいは効果なし?インフルエンザ予防に効果的な対策法とは

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、『インフルエンザ予防』として『効果的な対策法』をご存知ですか?

わたしは『知っているつもり』でしたが、『ふだんやっているけれど、調べてみると効果がないこと』もありました。

というわけで『新型コロナウイルス』が流行していますが、今回は忘れられかけているけれど、かかるとしんどい『インフルエンザ』について取りあげます。

なんだかんだ個人的には『インフルエンザ予防』をすることで、『新型コロナウイルスの対策』にもなるような気がしています。

本当に『新型コロナウイルス』のパンデミック感がハンパじゃなくなってきているので、正直なところ自分のためにも本気でキュレーションしました。

「『新型コロナウイルス』に対しても効くかも?」というのは私が勝手にそう思っているだけなので、流してください。

あくまで今回は、『インフルエンザ』に対して『効果が期待できる対策法』についてお伝えします。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 『手洗い』『うがい』は本当に効果があるのか
  • 『歯磨き』は効果があるのか
  • 『その他インフルエンザ予防』として効果的な対策法

調査結果として、『インフルエンザの予防』には『手洗い』は効果がありますが、『うがい』は効果が認められていないようです。

そして、驚くべきことに『歯磨き』も効果があることがわかりました。

その他の『インフルエンザ予防』としては、『睡眠を7~8時間とる』『体温をあげて免疫力をあげる』などがあります。

では、すこし詳しく見ていきましょう!

うがいは効果なし?インフルエンザ予防に効果的な対策法とは

『手洗い』『うがい』は本当に効果があるのか

手洗い

『手洗い』は、非常に効果的です。

もちろん『風邪予防』にも『新型コロナウイルス予防』にも『手洗い』が有効なことは、紛れもない事実でしょう。

手を拭くときは、ペーパータオルなどを利用することがポイントです。

家族と共用のタオルを使ってしまうと、ひとりの感染が家族に広がってしまいます。

また、『手洗い』については、過去記事がありますので、確認してみてください。

今年こそ風邪をひかない方法![結局、重要なのは手洗い]

うがい

『うがい』は、残念ながら効果といえるほどの効果は得られないようです。

その理由は、ウイルスというのは喉の粘膜に付着すると、ものの数分で体内に入ってしまうからです。

たまたま、その数分のうちにうがいをすれば効果があるかもしれませんが、現実的に難しいですね。

ちなみに、『インフルエンザ予防には効果がない』のですが、『風邪予防には効果が認められている』ようです。

なお、『風邪予防』として『うがい』をする際は『水道水を用いるのが効果的』なようです。

水道水でうがいすることで、風邪予防になることが、京都大学の研究グループにより実証されています。

うがいをしない群と、ヨード液でうがいをする群、水道水でうがいをする群とで比較した結果、風邪に罹った率は、水道水でうがいをした群に軍配があがりました。

この時のうがいの頻度は、15秒×2回を1日3回行うというものでした。

「うがい」って本当に風邪予防に効果あるの? ~うがいの正しい方法と効果について~ | 心臓弁膜症 手術 | みどり病院 | 神戸市西区 より引用

スポンサーリンク

『歯磨き』は効果があるのか

わたしが調査していて最も驚いた『インフルエンザ対策』が『歯磨き』です。

ある介護福祉施設で行われた研究では、こまめに『口腔ケア』をすることにより『インフルエンザの発症率』が『10分の1まで低減した』という報告があるほどなんです!

インフルエンザ予防には、デンタルケアも効果的です。理由は、口腔内の細菌が出す酵素(ノイラミニダーゼ、プロテアーゼ)が多いと、細胞内に侵入したインフルエンザウイルスが増殖しやすくなるからです。そのためインフルエンザ流行期は、1日4回の歯磨きとデンタルフロスをするのがベター。

ある介護福祉施設で行われた研究では、こまめに口腔ケアをすると、インフルエンザの発症率は1/10に低減する報告もあります。

うがいは効果なし!?家族を守るインフルエンザ予防・新5大習慣! | HugKum【小学館公式】 より引用

『デンタルケアが効果的』ということは、『舌磨き』にも効果が期待できそうですね!

『舌磨き』については、過去記事がありますので、確認してみてください。

『舌磨き』は『誤嚥性肺炎』予防になる!?効果的な方法も。

『その他インフルエンザ予防』として効果的な対策法

『免疫力』をあげて予防する方法

『睡眠時間を確保』して『7~8時間睡眠』をする!

睡眠が不足している状態では、かなり免疫力が下がってしまいます。

1日7~8時間の睡眠時間を確保しましょう!

『睡眠』については、以下過去記事に詳しく書いています。

『首もと』にカイロを貼って体温をあげる!

人間のカラダは、1℃あがると免疫力もあがります。

ただし、やりすぎると『その体温に慣れて』効果が薄れてしまうかもしれません。

やむを得ず混んでいるような場所に行くときなど、『いざ』というときに実践するのがよさそうです。

また、実際に風邪をひいてしまったときには、迷わず『首もと』にカイロを貼ってよく眠りましょう!

さいごは、『あたりまえ』ですが、重要な予防法についてです。

『あたりまえ』だけど『重要』な予防法

『いつも触れるところ』はこまめに消毒する!

ふだん触れることが多い『ドアノブ』や『テーブル』『キッチン』などは、市販の『抗菌スプレー』などを利用して、こまめに消毒しましょう。

とくに、『金属類』や『プラスチック』のものは念入りに。

『使い捨てマスク』は、その都度捨てる!

『使い捨てマスク』を利用する際は、都度『ひもを掴んで』捨てるようにしましょう。

マスクの表面に触れてしまうと、ウイルスが手に付着してしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

あとがき

今回調査してみて個人的に驚いたのは、『歯磨き』が『インフルエンザ予防』になるということでした。

恥ずかしながら、調査前はまったく知らない情報だったもので。。

しかし本気で調べると『新しい発見』があって、いいですね!

あなたにも『新しい発見』があれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

以上、「うがいは効果なし?インフルエンザ予防に効果的な対策法とは」でした。


関連記事


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。