セブンのおにぎり、2021年3月以降に消費期限2倍

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、セブンイレブンのおにぎりを食べますか?

パリッとしたのりが最高ですよね。

ちなみに筆者は、ツナマヨが大好きです。

そんなセブンのおにぎりが、3月から消費期限が2倍になります。

※本記事はおよそ1分で読むことができます

セブンのおにぎり、2021年3月以降に消費期限2倍

狙いは食品ロスの削減

セブンイレブンでは、2021年3月以降におにぎりの消費期限を2倍にする方針を固めました。

狙いは食品ロスの削減です。

スポンサーリンク

コンビニの顔『おにぎり』には保存料は使わない方針

『おにぎりはコンビニの顔』ともいえるほどの看板商品なので、保存料を使用せずに品質を維持するために、店頭で販売する時間を約18時間に設定しています。

1店舗あたり1日200個前後の販売数がありますが、期限を過ぎたものは廃棄処分となっているのが現状。

セブンイレブン・ジャパンの永松社長は消費期限を2倍にすることで「おにぎりの廃棄は5割削減る」と見込んでいるとのことです。

なお、今後も保存料を使用せず、包装袋に窒素を入れて鮮度を保つ方法を検討しています。

食品廃棄を減らすことは企業の責任

永松社長は「食品廃棄を減らすことは企業の責任だ」と述べています。

具体的には現状85%の商品が店舗で1日以上消費・賞味期限がありますが、2021年2月までに90%に引き上げるという目標です。

さらにおにぎりの消費期限を延ばして100%を目指しています。

スポンサーリンク

あとがき

海苔巻きなど商品によっては包装袋が異なるため、いろいろとテストをしているようです。

地球にとって廃棄削減は重要な課題だと思います。

セブンイレブンに続いて、世界中の企業がガンガン廃棄の削減に取り組んでいってほしいですね。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「セブンのおにぎり、2021年3月以降に消費期限2倍」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。