サントリー「オールフリー」は、ダイエットの強い味方!

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、ノンアルコールビールを飲んだことはありますか?

私は、キリンの零ICHIが好きで、昨シーズンまでは零ICHIを飲んでいました。

しかし、先日に父親から「オールフリーがおすすめ」と聞き、飲んでみると健康を全面的に打ち出しているわりに、めちゃくちゃ飲みやすくて美味しかったんです…


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • オールフリーなら、ダイエット中でもグビグビいける!
  • 飲料の「カロリーゼロ」は0kcalではなく、100mlあたり5kcal以下を指している

サントリー「オールフリー」は、ダイエットの強い味方!

オールフリーなら、ダイエット中でもグビグビいける!

「夏はビール!」という先入観からか、どうしてもビールが飲みたくなりますよねw

でも、ダイエット中のビールは、カロリーのとり過ぎにつながってしまいます。

そこで、ノンアルコールビールが役立つというわけです。

なかでも「オールフリー」は、ビールのようなキレが楽しめるうえに、めちゃくちゃ飲みやすく仕上がっています。

筆者は、本気でダイエットをしている最中ですが、暑い日には350mlを2〜3缶はグビグビいっちゃいます。

※ただし、水のように0kalというわけではないため、注意しましょう

「カロリーゼロ」は、0kcalではありません

飲料の場合、食品表示基準では「100mlあたり5kcal以下であれば、カロリーゼロと表示して良い」ことになっています。

つまり、カロリーゼロと表示されているノンアル飲料(オールフリー含む)の350ml缶なら、17.5kcal以内におさまっているはずです。

そのため、筆者は念のためフルで17.5kcalとしてカロリー計算しています。

「カロリーゼロと表示されているから、0kcalだ!」と考えてしまうと危険なので、注意が必要です。

しかし、0kcalではないとはいえ、100mlあたり9kcalの零ICHIと比較しても、およそ1/2のカロリー。

ダイエット中には、とかくカロリーが低いことは、ありがたいです。

ちなみに、サントリーのビール「プレミアムモルツ」は、100mlあたり47kcalなので、350ml缶なら164.5kcalにもなります。

プレモルだけでなく、多くのビールは350ml缶で150kcal前後なので、ノンアルコールビールの低カロリー具合は、ハンパではありません。

あとがき

「ダイエット中だけど、どうしてもお酒が飲みたい!」「他のところでカロリーを削ってでも、お酒が飲みたい!」という日もありますよね。

そんなとき、筆者はキリンの「淡麗グリーンラベル」を飲んでいます。

なぜなら、350mlで98kcalと、1缶あたり100kcalを切っているからです。

私はキリがいい数値に繰り上げてカロリーを計算しているため、100kcalに限りなく近いところも、計算しやすくて助かります。

単純に、グリーンラベルの風味も、かなり好みw

ともあれ、ノンアルコールビールなら、グリーンラベルと比べても圧倒的に低カロリーなので、ダイエット中でもグビグビいけて最高です!

筆者としては、ノンアルコールビールのなかでも、とくに飲みやすさが際立つサントリー「オールフリー」をオススメしたい。

※ちなみに、オールフリーには2種類ありますが、私は画像の左側が好みの味です(妻は右が好みらしい…)

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

▼この記事でご紹介したもの

 

関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。