無印の洗濯ネットがすばらしい!【かゆいところに手が届く】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、”洗濯ネット” を使っていますか?

私は、ダメージを受けやすそうな素材や、新しく買った衣類を洗うときは、必ず洗濯ネットを利用しています。

そこで今回は、「めちゃくちゃ欲しかったんだよね〜コレ!」と思わず声にしてしまった、無印良品の “両面使える洗濯ネット” について書いていきます。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

無印の洗濯ネットがすばらしい!【かゆいところに手が届く】

無印良品の洗濯ネット、どこがすばらしい?

無印良品の洗濯ネットについて、筆者が「かゆいところに手が届いているな〜」と感じるところは、”裏表に関係なく使える” こと。

つまり、ファスナーが両面についているため、「ファスナーが閉まらない…」というストレスがないんです!

あとがき

“ファスナーの取っ手が両面についていて、どちらから衣類を入れてもOKな洗濯ネット” 。

「こんな洗濯ネットがあればいいな!」と、ずっと思っていたんですよね〜

なぜなら、筆者は頻繁に裏側から衣類を入れてしまい「ファスナーが閉まらない…」と無駄なストレスがかかっていたからです。

「じゃあ、洗濯したあとで表にしておけばいいじゃない」と言われてしまいそうですが、そのとおりです…

反論のしようもありません。

でも、もともと “どちらから入れても大丈夫” なほうが、仕組みとして良くないですか?笑。

そんな感じで、私みたいにズボラな人間にはピッタリなMUJIの洗濯ネット。

一度でも無駄なストレスを感じたことのある人にも、オススメです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。