【カラシビ】味噌らー麺 鬼金棒にハマった!【ラーメン】



スポンサーリンク

こんにちは!やつおです!

以前テレビで、新ジャンルの味わいとしてとても話題になっていて
とても気になっていた「カラシビ(辛くてシビれもくる)ラーメン」。

池袋へ行く機会が増えてきたので、池袋店へうかがうことに。
一度食べてクセになりました。うかがい続けて、もはや常連ですw

▼やってきました。よく行くお店「鬼金棒(きかんぼう)池袋店」さん。

▼店内。上の方を見ると、鬼だらけw

「やつお」が注文するもの

わたしが普段食べているのは、定番のカラシビ味噌らー麺(800円)に
味付けたまごがついている味玉カラシビ味噌ラーメン(900円)。

そして、必ず注文するものがもうひとつ。「白飯」か「半飯」。
おなかのコンディションによってどちらか選択しています。

スポンサーリンク

「やつお」流食べ方

なぜ、ごはんを必ず注文するのかというと、カンの良い人はお気づきかと
思いますが、「汁をごはんにぶっかけて食べる」ためです。

最高にうまいんだな~コレが!
自分でやっていて、いつも思いますが「孤独のグルメ」でもやってそうw

もちろん、味玉もまったく食べていない状態でラーメンからごはんの上に
移動いたしますw

俗にいう「ゲテモノ食い」かもですが、そう言ってコレやらない人
確実に人生損していると私なんかは思ってしまいます。。

なぜなら、おいしいからw

個人的には、特に鬼金棒さんのソレは間違いないです。

やっと、ラーメンのレビューw

▼こちらがカラシビ味噌ラーメン(このときは味玉なしでしたw)

あまりにそのごはんが好きすぎて、ラーメン自体に言及するまでに
かなり時間がかかってしまいましたw

もちろん、ラーメン自体も絶品です!
「辛さ」や「シビれ」だけでなく、味も本当においしくて大好きです。

「辛さ」と「シビれ」どちらの段階も選べて、初心者~上級者まで安心。
注文時に、店員さんがそこを確認してくれるので、楽ですw

わたしは「辛さ」「シビれ」ともに増しっていうのを注文してます。

なお、カラ(唐辛子の辛さ)シビ(山椒のしびれ)ともに
「抜き」⇒「少なめ」⇒「普通」⇒「増し」というかたちで調整できます。

ここまでの段階だと無料なのですが、さらにレベルが高い最上級のとこに
カラ・シビ鬼増し」(各100円)ってのがあります。

が、わたしはまだチャレンジしたことがありません

この記事に追記するために、次回あたり挑戦してみますw

ちなみに、カラシビ抜きでもおいしいらしいです。
でも、どうしてもカラシビを求めてしまって、私はしばらく「抜き」調整で
食べることができそうにありませんw

スポンサーリンク

爽快感ゲット!

最後に、なにより食べた後の爽快感がハンパないです。
個人的な体感としては「体はあたたまっているけれど汗が結構冷たい」。

この感覚が味わえるお店は、なかなかないと思います。

▶DATA
今回の実食 カラシビ味噌ラーメン(800円)
店名    カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(きかんぼう)池袋店
住所    東京都千代田区鍛冶町2-10-9
営業時間  月~土・祝 11:00~21:30 日 11:00~16:00
定休日   なし(年末年始は営業時間変更の可能性あり)

あとがき

いやはや、辛いモノは中毒性があって、なかなかやめられませんねぇw
わたしなんかは、家でも鬼金棒さんの味を楽しみたくてカップ麺も近くの
ファミマで大量買いしてましたw

残念ながらカップ麺、今は売ってません。(2018/3/10現在)
たまにメーカーさんとコラボしてコンビニ販売してるような雰囲気。
見つけたら即買いですねw

しかしながら、当然大量買いしていても在庫は尽きるわけで…

それでも辛いモノを食べたいので、よくこちらを食べてますw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清のとんがらし麺 うま辛海鮮 64g×12個
価格:1345円(税込、送料別) (2018/3/10時点)

また、お店のカラシビな感じを家でも体感したい方には必読情報が
ありますので、また今度お伝えしたいと思います。

以上、「【カラシビ】味噌らー麺 鬼金棒にハマった!【ラーメン】」でした。



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。