コストコのサーモン蒲焼き【3つの食べ方をしてみました】

こんにちは、やつおです。

あなたは、コストコの『アトランティックサーモン蒲焼き』を食べたことがありますか?

私は気になっていたものの、試食のチャンスを逃し続け、ずっと気になっていました。

このあいだ人が少ない時間を見計らって久々にコストコへ行ってきたときに、ついに買ってきたんです。

そこで今回は、コストコの『アトランティックサーモン蒲焼き』で3つの食べ方をしてみました。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • サーモン蒲焼きをふつうに食べた感想
  • サーモン蒲焼きを水洗い後にフライパンで焼いて食べた感想
  • サーモン蒲焼きを水洗い後にグリルで焼いて食べた感想

コストコのサーモン蒲焼き【3つの食べ方をしてみました】

サーモン蒲焼きをふつうに食べた感想

まずはサーモン蒲焼きをそのまま少しレンジで温めて、付属のタレと山椒をかけてふつうに食べてみました。

私としてはこの食べ方が一番おいしく感じました。

脂ものっていて、3つの食べ方のなかでは最も『うなぎの蒲焼きに近い仕上がり』でした。

おそらく、コストコ側も『うなぎの蒲焼き』のサーモン版として販売しているはずなので、当然といえば当然ですねw

また、うなぎが苦手な妻も一緒に食べることができるので、とてもうれしいです。

スポンサーリンク

サーモン蒲焼きを水洗い後にフライパンで焼いて食べた感想

次に、元々サーモンの表面についているタレを水洗いしたあとで、フライパンで焼き、付属のタレと山椒をかけるという食べ方をしてみました。

結果としては、食感が焼き鮭に近くなり、味噌で味付けしたような風味に感じました。

噛み応えがしっかりするので、これはこれでイケますが、少しパサパサします。

わたしとしてはふつうに食べた方が美味しかったです。

ちなみに、この食べ方をしてみたきっかけは、食べ方を調査するなかで『元々サーモンの表面についているタレはあまりカラダによくないものが使われている』というニュアンスのことが口コミで書かれていたことです。

ただ、個人的にはそこはあまり気にならず、最終的に「単純にどんな味になるのか」という興味が沸いたのでやってみました。

なお、次のグリルで焼いて食べたというのも、同じ理由で挑戦しています。

サーモン蒲焼きを水洗い後にグリルで焼いて食べた感想

最後は先ほどと同じくサーモンを水洗いしたあとで、グリルで焼き、付属のタレと山椒をかけるという食べ方をしてみました。

個人的には前述のとおりふつうに食べるのが最もおいしかったのですが、私と同様に『うなぎの蒲焼き』に近いものを求めている人でも「こっちの食べ方の方が好き!」という人がいそうです。

なぜなら、フライパンで焼いたものとは違い、サーモンの脂を身に閉じ込めるためです。

サーモンの表面についているタレを除去しているため、表面はカリカリで中はジューシーになります。

より本格的な『うなぎの蒲焼き』に近いのはこの食べ方なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

あとがき

個人的には『サーモンについているタレを水洗いしてから焼く食べ方』をするのであれば、『蒲焼きのタレ』を別で用意するとさらに良いと思います。

最初からついているタレも込みで味のバランスが考えられているため、サーモンについているタレを除去してしまうと、付属のタレだけでは味が薄くなってしまうからです。

とくにグリルで焼く食べ方は『別にタレを用意しておく』と、各段においしくなりそうなので、「今度自分でもやってみようかな~」と思っています。

ちなみに、量が多くて食べきれないときは『一度に食べ切れるサイズに小分け』にしたものを『ラップでくるんで冷凍』しておけば使い勝手がいいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上、「コストコのサーモン蒲焼き【3つの食べ方をしてみました】」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。