鎮痛薬「イブプロフェン」が男性不妊と関係?その内容とは

ども!やつおです!

かなり寒くなってきましたが、みなさん体調を崩したりしていませんか?

今回は、健康に関することで、個人的にかなり気になる話題を見つけたので、ご紹介したいと思います。

鎮痛薬「イブプロフェン」が男性不妊と関係?その内容とは

鎮痛薬「イブプロフェン」が不妊のリスクを高める?

8日に米科学アカデミー紀要(PNAS)にて発表された内容によると、鎮痛薬によく含まれている成分のイブプロフェンが男性の生殖ホルモンを撹乱して、不妊のリスクを高めるというのです。

米ミズーリ大学の研究者によれば、ほとんどの医薬品は男性の生殖機能に及ぼす影響を調べることなく流通しているという。

今回の研究では、イブプロフェンが健康な若い男性の生殖ホルモンを撹乱する可能性があることが分かった。

CNN.co.jp より引用

一時的な作用ですが、子どもを持つ予定の男性においては、数か月間イブプロフェンを含む薬品を控えた方がよいとのことです。

スポンサーリンク

あとがき

一般的に広く使われている『鎮痛薬』に含まれる成分なので、なるべく
多くの方に周知したいと思い、今回記事にさせていただきました。

もちろん、どのような薬についても長期的な服用には注意が必要です。

長期的に使用する際は、必ず『医師』『薬剤師』『登録販売者』などの医療関係者とよく相談した上で使用しましょう。

しかし、上記の引用文にあるとおり、ほとんどの医薬品が男性の生殖機能に及ぼす影響を調べていない状態で販売されているんですね~。

正直びっくりしています。。

以上、「鎮痛薬「イブプロフェン」が男性不妊と関係?その内容とは」でした!


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。