お風呂上りの時短に!速乾ドライヤーレビュー



スポンサーリンク

どうも!やつおです!

先日、イオンのポイントが1万くらいたまり、以前から欲しかった
大風量のドライヤーと交換してきたのでレビュー。

TESCOM TID2500-N

売り場で数ある中からなめまわすように物色して交換したのは
プロテクトヘアドライヤー TESCOM TID2500-Nという商品。

ご紹介直後ですが、一気に帰宅後の話になります。あしからず…

3月まで待てば後継機のTID2600が発売されるというニュースが!!
(追記以下に続く…)

3月、後継機のTID2600が販売開始されました!(2018/3/10追記)
※現時点では、まだ在庫に余裕があるみたいです。

(追記以下)
帰宅してからちょっとタイミング悪かったかなーと思いました…

ちょっと打ちひしがれましたが、そこはポイント交換という
サービスを使ったので、良しとしましょうw

ただ、この新しい方、TID2600は注目すべきアイテムだと思います。
なぜなら大風量ドライヤーの代名詞とも言えるであろう一品として
君臨している、ダイソンドライヤーと同等の風力を実現しているのです。

なんだか今回買ったもののレビューよりも次回作の紹介みたくなって
ますが、あえて締めちゃいましょうw

今回TID2500-Nを使ってみた感想としては、髪が乾くまでの時間は半分に。
そして、イオンドライヤーなので、髪のまとまりが良く、しっとり感と
サラっと感のバランスが個人的には良かったです。

どうやらプラスイオンとマイナスイオンを同時に発生させることで静電気
を抑制した結果、そういったバランスが実現できているらしい。

スポンサーリンク

Dyson Supersonic との比較

ちなみに、これまで最大風量1.3 ㎥/分のドライヤーを使っていました。
比較情報としては、TID2500-Nは2.2 ㎥/分TID2600は2.5 ㎥/分とのこと。
なお、ダイソンは2.4 ㎥/分

一見、ダイソンの方が風力低いじゃないかと思われるかもしれませんが
さすがは大風量のイメージといえばダイソン
実は消費電力は100Wもひくいのであります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイソン HD01 ULF IIF ヘアードライヤー Dyson Superso…
価格:45399円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)

今後はダイソンの大風量イメージにテスコム社のTID2600が追いつくか
個人的に気になるところであります。

ヒトリゴト

アマゾンのレビューを見ているとダイソンのドライヤーは風が強くて
乾くのははやいが、ブローしながら髪を整えることは難しいといった
ニュアンスの書き込みが多々見受けられます。

その点、今回交換してきたTID2500-Nは風量も丁度良いし、ブロー
しながらの整髪も難なくこなせます

たしかに、TID2600も気になりますが、もしかしたら風量が多ければ良い
というわけでもないのかもしれません

あくまで好みの話になってきますがw

わたくしが現時点で購入を考えている人にアドバイスできるとしたら以下の
ようになるかと。(ダイソンは店頭で試用しただけですがw)

TID2500(TID2600にも期待)
・髪のまとまりを重視した速乾
ダイヤル式で無段階調整の風量
両手を使える(ドライヤーを固定設置して使えるホルダーつき)
・1万円以内
・音はダイソンよりも大きめ

Dyson Supersonic
・消費電力をなるべく抑えた速乾
音が控えめ
デザイン性の高さ
・5万円前後
・音はTID2500よりも小さめ

ご購入される際の参考になれば幸いです。(逆に迷うかもw)
というわけで、以上、「お風呂上りの時短に!速乾ドライヤーレビュー」でした!



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。