残ったワインどうする!?長持ちさせる保管方法とは?

ども!やつおです!

今回は、飲み残したワインの味をなるべく落とさず、長持ちさせるコツです!

最近、ワインは味が変わるのがはやいな~と感じていたところ、妻が良い情報をくれたので備忘録として書いておきます。

わたしが語るのか!?と自分で思ってしまうくらいの初心者ですが、ワインが好きなのはたしかなのでご了承ください!

残ったワインどうする!?長持ちさせる保管方法とは?

とにかく酸化するのを防ぐ!

ワインの味を落とさないためには、酸化を防止することが重要です。

酸化を防止する方法は主に3つの方法があります。

ワインボトルのストッパーを使う

ワインボトルのストッパーはダイソーなどの100円均一にも売っています。

わたしは既に使っていますが、ダイソーのものです。

探しているときは、かなりいろいろな種類のものが揃っていました。

自分好みの一番酸化を防げそうなストッパーを選びましょう!

開栓後は、冷蔵庫で保管する

ワインの劣化を完全に止めることはできないけれど、劣化(酸化の進行)を遅くすることはできるようです。

なので、ほんの少しだけ一番良い状態の味をキープできます。

ワインを移し替える

残ったワインの量がギリギリ入るくらいのフタのあるビンなどに移し替える方法もあります。

これである程度は密閉状態になるので、酸化が防げるというわけです。

スポンサーリンク

あとがき

ワインは厳密には開栓後いつまでに飲まなければならないという決まりはないようです。

しかし、基本的に開栓後2~3日中に飲まなければ美味しく飲めないみたいです。

個人的には、やはり開栓から三日後くらいになると、「かなり味が変わってきたな~」と感じます。

わたしも今後は『ワインストッパーをしてから冷蔵庫で保管する作戦』を採用しようと思います!

ビンに移し替えるのは、ちょっと面倒なので(笑)

以上、「残ったワインどうしよう?長持ちさせる保管方法とは?」でした!


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。