日清「お椀で食べる」シーフードヌードルの感想

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、「カップヌードルやシーフードヌードルはおいしいけど、もっとサラッと食べるくらいの量でいいな~」と思ったことはありませんか?

私は、年齢とともに普通の量を食べると胸やけするようになりました。

さらには、体重をコントロールするために「たまに味を楽しむだけでいいから、もっと量が少ないほうがいいな~」と考えはじめていたんです。

そんななか、お店で見かけた「お椀で食べるシリーズ」を試してみることに。

今回は、「お椀で食べるシリーズ」のシーフードヌードルを食べた感想を書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 日清「お椀で食べる」シーフードヌードルのメリット
  • 日清「お椀で食べる」シーフードヌードルのデメリット

日清「お椀で食べる」シーフードヌードルの感想

「お椀で食べる」シーフードヌードルのメリット

日清「お椀で食べる」シーフードヌードルを食べてみて、通常のシーフードヌードルと比べてメリットと感じたことは以下のとおりです。

  • 味がシーフードヌードルそのもの
  • 「ちょっと食べたいとき」には量がちょうどいい
  • 麺を食べ終えたあと、物足りなければご飯を入れてもおいしい
  • フタを用意しなくていい

麺を食べ終えたあとで物足りなければ、ご飯をスープに入れて食べてもおいしいです。

減量中でも、チートデイくらいはご飯を投入してもいいかもしれませんw

スポンサーリンク

「お椀で食べる」シーフードヌードルのデメリット

「お椀で食べる」シーフードヌードルを食べてみて、デメリットと感じたことは以下のとおりです。

  • お湯はかなり熱いものを用意する必要がある(ぬるいと『かやく』が固いまま残ることも)
  • お椀を用意する必要がある

筆者が一番デメリットだと感じたことは、かやくの固さを残さないためには「めちゃくちゃ熱いお湯をかける必要がある」という点です。

フタをしないぶん、お湯が冷めやすいからだと思いますが、「かやくに固さが残りやすいな~」と感じました。

パッケージの説明書きにはフタをする必要はないと書かれてますが、かやくの固さを残さないために3分待つあいだにはラップをかけておいてもよさそうです。

お椀などの容器を用意する必要はありますが、そういうコンセプトの商品なので仕方がないですねw

食べた直後にサッと洗ってしまえば、容器の洗浄は大して苦ではないと思います。

あとがき

「お椀で食べるシリーズ」は量が少ないので、用途としては「ちょっとだけ食べたいとき」に限られるかもしれません。

しかし、「ちょっとだけ食べたい!」というニーズにキッチリ応えている商品だと感じました。

コロナ禍で「運動不足になりがち」なので、まさに今が「ちょっとだけ食べる」のに適した時期ではないでしょうか。

いつもカップ麺を食べている人こそ、「お椀で食べるシリーズ」に切り替えればカロリーを抑える効果が高そうです。

なお、「お椀で食べるシリーズ」は、「カップヌードル」はもちろんのこと、「どん兵衛」や「チキンラーメン」などラインナップも豊富なので、味もいろいろ楽しめると思います!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。