アサヒ生ビール(マルエフ)が復活!【人気が爆発しそう】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、アサヒのビールといえば、なにを思い浮かべますか?

私は、アサヒといえば “スーパードライ” という印象を持っていました。

しかし、父の年代になるとアサヒ生ビールを想像するそうです。

そんななか、このたび “アサヒ生ビール” が復活したというCMを見て購入。

飲んでみると癖がなくておいしい。

しかも、CMには新垣結衣さんを起用しているところからも、アサヒの本気度がうかがえます。

アサヒ生ビール(マルエフ)が復活!【人気が爆発しそう】

飲食店では愛され続けてきた “マルエフ”

このたび復活したマルエフは、飲食店でのみ「樽生」という名称で展開され続けています。

マルエフは1986年に発売され、スーパードライの足掛かりとなったビールなんです。

復活したマルエフの味は当時と変わりなく、缶のデザインだけが変更されています。

なお、商品開発の際に社内でつけられたコードネームが “マルエフ” です。

ふだんは出回ることがないコードネームですが、飲食店を中心に親しまれて広まりました。

これからの季節に合いそうな “まろやかさ”

スーパードライは辛口でスカッとした飲み心地なので、暑い日に飲みたくなりますよね?

その反面、マルエフは缶に記載されているとおり “まろやかなうまみ” を感じるビールです。

そのため、ゴクゴク飲むというよりは味わってゆっくり飲みたくなります。

ぜひ、秋の味覚(サンマやカツオなど)といっしょに楽しみたい味ですね。

あとがき

まめ知識になりますが、マルエフというコードネームの由来は “PHOENIX(不死鳥)” のようです。めちゃくちゃカッコいい!

しかし、あとからフェニックスは頭文字が”P”だということに気づき、由来をFORTUNE(幸運)にコッソリ変更したことはナイショだとか笑。

※いまでは”幸運の不死鳥”と呼ばれており、缶のデザインにも幸運の不死鳥が描かれています

なお、筆者が500ml6本入りのマルエフを購入したとき、ラッキーなことに発売記念(?)の小さいグラスがついていました。

このグラスがまた、レトロかわいいんです…

いつも使っている “お気に入りのグラス” があるにもかかわらず、マルエフを飲むときだけは、このグラスでいただいてます。

とかく文字のレタリングなど、昭和レトロなデザインが好みすぎる!笑

すくなくとも筆者は、しばらくマルエフにハマりそうです…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。